茨城・栃木・群馬のドローンの空撮で点検・記録・調査「たきもとスワロー」のロゴ

ドローンの操縦に免許は不要。認定資格について

ドローンの操縦に免許は不要。認定資格について

ドローンの免許

ドローンの操縦に免許は必要ありません。というより、免許というものが存在しません。
つまり、誰でもドローンを飛行させることができます。

とは言え、誰でも好き勝手にドローンを飛ばしていいという話ではありません。
日本におけるドローン飛行のルールとして、ドローンの機体が200g以上か200g未満かの基準があります。
200g未満のドローン(トイドローンやホビードローンと呼ばれるもの)の飛行は、航空法の対象とはならず、飛行禁止エリアを除いて飛行させることができます。

航空法はドローンを含む「無人航空機」が対象で、ドローンを飛行させる場所や方法についてのルールを定めたものです。
つまり、航空法の「無人航空機」に該当しない200g未満のドローンは航空法の規制に当てはまらないということになります。ぶつかって人が怪我をする可能性も低く、危険度が著しく低いことから航空法の「無人航空機」の対象にならないのです。
ドローンの飛行ルールはこちらで紹介しています。

200g未満のドローンを自分で購入し、ドローンの飛行を禁止されていない場所で、操縦の腕に関係なく飛ばすことができます。

だけど、ルールは守ろう

200g未満のドローンであれば誰でも飛ばすことができますが、飛行禁止エリアがあることを忘れてはいけません。
ドローンを飛行させるための個別の申請と包括申請で説明していますが、以下のエリアは禁止エリアになります。

  • 行政や自治体などが飛行禁止としているエリア
  • 公園(多くの公園で張り紙などがしてあります)
  • 高圧電線や発電所付近
  • 行政機関の施設や大使館など

『あの公園広いし、あの公園で飛ばして見よう〜♬』と考える方が多いと思いますが、自治体によりドローン禁止とされている場合が多いです。
社寺などでポケモンGOが禁止されたように、公園や社寺でドローン禁止の張り紙がされているのをよく目にします。
張り紙がされていなくても、禁止としている場所はとても多いので、明らかにドローン飛行を許可している場所以外では、管理者に確認した方がいいですね。

ドローンの認定資格

もしかすると、”ドローン免許”という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、上述したようにドローンの免許というものは存在しません。
免許と似たような響きで存在するものは、ドローンの資格があります。この資格は、民間の認定資格です。
民間団体がドローン操縦の技術や知識を教えてくれるスクールが存在し、ドローンの操縦士を育てるプログラムを組んでいます。
カリキュラムを修了し、卒業すると認定証が与えられ、資格を取得したということになります。

ドローンによる市場拡大に参入する方が増えていますが、操縦士不足という課題も存在していることから、多くの雇用が生まれる可能性もあり、ドローンスクールへ通う人は年々増加中です。

ドローンスクール

近年ドローン操縦を教えるスクールが増えていますが、中でも実技訓練や学科内容、教官の配置数などの一定要件を満たす選ばれた団体が、国土交通省の認定を受け、航空局のホームページ上に掲載されています。

航空局のホームページに掲載された国土交通省の認定を受けた民間団体を卒業し資格を取得した人は、申請の一部を省略できるというメリットもあります。

ドローンの操縦に免許も資格も必要ありませんが、ドローンスクールに通いたいと考えたとき、決して安くはないお金を払って学ぶわけですから、国土交通省の認定を受けたスクールを選ぶ方が多いようです。

ドローン検定

ドローンスクールを卒業した人に与えられる資格とは異なり、筆記試験のみを受け取得できる検定があります。
ドローンを扱う者の知識レベルを客観的に評価し、知識の向上と周囲の理解を広める目的で実施されている試験です。

試験は2ヶ月に1回の頻度で実施されており(1級試験に限り年3回)、1級から4級までの資格があります。3級・4級であれば誰でも受けることができ、2級は3級取得者、1級は2級取得者が受験することができます。受験料は、4級で3,000円、3級で5,500円、2級で12,000円、1級で18,000円(すべて税込)で受験することができます。

ドローンの知識を深めたいという方、ビジネスにも技術証明として資格を持てますので、ドローン検定を受けてみるのも良いですね。

ドローン検定について詳しくはこちらです。
ドローン検定

技術の高い操縦士を求めて

ここまででお分かりの通り、まず技術がなくてもドローンを飛ばせるということ、スクールへ通ってある程度の技術以上であれば認定資格を得ることができ、まだ日本でのドローン操縦における基準が定まっていないというのが現状です。

ドローンの活躍が増えていくのに対し、それを操縦する人の技術がバラバラというのは大きな課題と言えます。

だからこそ、技術の高い操縦がいかに重要か想像がつくと思います。
ドローンをあまりよくご存知ない方からすると、おもちゃのような認識がありますが、ドローンは時に人や物を傷つけてしまう危険もあるものです。ドローンの撮影などを依頼する際には、技術と知識が高い操縦士を選択することで、安全性を確保するべきです。

茨城・栃木・群馬のドローン撮影依頼は「たきもとスワロー」

ご安心ください!お見積もり・現地調査無料

たきもとスワローは、建物のプロフェッショナルでもあります。住宅や店舗、ビルなどの建築全般から設備まで、建物のプロフェッショナルとして平成4年創業からの実績を誇る豊富な知識と経験を活かし、他には真似できない空撮サービスを提供いたします!

空撮撮影対応エリア

茨城県笠間市・水戸市・桜川市・小美玉市・石岡市・つくば市・土浦市・牛久市・龍ヶ崎市・取手市・つくばみらい市・常総市・下妻市・筑西市・かすみがうら市・守谷市・日立市・古河市・結城市・常陸太田市・高萩市・北茨城市・ひたちなか市・常陸大宮市・那珂市 坂東市・稲敷市・神栖市・行方市・鉾田市・稲敷郡阿見町・稲敷郡美浦村・稲敷郡河内町・東茨城郡茨城町・東茨城郡大洗町・東茨城郡城里町・那珂郡東海村・久慈郡大子町・鹿嶋市・潮来市・猿島郡境町・猿島郡五霞町・結城郡八千代町・北相馬郡利根町

栃木県宇都宮市・足利市・栃木市・佐野市・鹿沼市・日光市・小山市・真岡市・大田原市・矢板市・那須塩原市・さくら市・那須烏山市・下野市・河内郡上三川町・芳賀郡益子町・芳賀郡茂木町・芳賀郡市貝町・芳賀郡芳賀町・下都賀郡壬生町・下都賀郡野木町・塩谷郡塩谷町・塩谷郡高根沢町・那須郡那須町・那須郡那珂川町

群馬県前橋市・高崎市・桐生市・伊勢崎市・太田市・沼田市・館林市・渋川市 ・藤岡市・富岡市・安中市・みどり市・北群馬郡榛東村・北群馬郡吉岡町・多野郡上野村・多野郡神流町・甘楽郡下仁田町・甘楽郡南牧村・甘楽郡甘楽町・吾妻郡中之条町・吾妻郡長野原町・吾妻郡嬬恋村・吾妻郡高山村・吾妻郡東吾妻町・利根郡片品村・利根郡川場村・利根郡昭和村・利根郡みなかみ町・佐波郡玉村町・邑楽郡板倉町 ・邑楽郡明和町・邑楽郡千代田町・邑楽郡大泉町・邑楽郡邑楽町

電話受付:9:00-20:00(年中無休)

Web受付:24時間365日